野菜と果物とサプリ

細胞間の連携

糖鎖は、細胞同士の情報伝達を行う物質です。しかし、喫煙習慣を持っていると、糖鎖が減少してしまい病気を引き起こします。糖鎖の数を増やし育てるためにも、体の中で生成できない単糖を含んだ食品を積極的に摂取することが必要です。

この記事の続きを読む

レモンを持つ笑顔の女性

細胞を知る

糖鎖は各細胞にエネルギーを供給しています。そのため健康のためには、糖鎖を良い状態で保つことが大事です。そのためには、穀物やキノコ類や海藻類を積極的に摂取することが有効です。これらの摂取によって体の調子は良くなり、見た目も美しくなります。

この記事の続きを読む

花に囲まれたシニア女性

身体を綺麗に正常に

糖鎖は侵入した細菌を感知したり、細胞同士の情報の受け渡しを行う等、免疫力の向上だったり細胞の健康維持にも効果的です。糖鎖は、食事による摂取またはサプリメントの服用で体内へ取り込むことが可能です。

この記事の続きを読む

仕組みを知る

濃い緑のサプリ

糖鎖の機能が衰えますと、疾病が発生するリスクが高まりまので、サプリメントを活用して体の健康を維持しよう!

糖鎖とは、核酸やタンパク質に次ぐ第3の生体物質とも言われる物質で、あらゆる細胞に付着している鎖状の物質であり、細胞同士を繋げて情報伝達の受け渡しや、外部から進入してきた細菌を感知したり各細胞の個体をコントロールしており、細胞の健康や免疫機能に深く関わっている受容体です。 また、そのの構造についてですが、生命維持に不可欠な栄養素は、8種類の単糖の複雑な組み合わせで出来ていて、糖鎖栄養素と言われており、このうち食品からの摂取が可能なのは、グルコース(ブドウ糖)とガラクトース(乳糖)ですが、ほかの6種類の単糖であるマンノース、フコース、キシロース、N-アセチルグルコサミン、N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルノイラミン酸は肝臓において生成されています。 そして、糖鎖栄養素の数というのは、2つから数万まで多数あり、10個位まで結合しているものをオリゴ糖と呼んでいます。 糖鎖の特徴として、細胞の健康を維持する効果が高く、免疫力アップや糖尿病予防、不妊症予防等があり、不足すると免疫力が低下して細菌やウィルスから身を守る事が困難になります。

糖鎖栄養素が足りなくなると、不完全な糖鎖が生成されて、細胞間での情報伝達が絶たれてしまい、体の各部位に支障をきたします。 ストレスや喫煙、紫外線が主な原因とされており、体内において活性酸素が過剰になってくると、糖鎖は一時的に活性酸素を抑える為に抗酸化物質としての役割を担います。そして糖鎖の劣化や減少が起こり、その細胞自体も劣化したり、免疫機能が低下すると言われています。 不足分を補う為には、普段の食事から摂取するのは難しいのですが、母乳からは6種類の糖鎖栄養素が含まれていますから免疫力が低い乳児だけは、糖鎖栄養素を摂取して、免疫力を向上させる事ができます。 果物や乳牛によってブドウ糖や乳糖は、ある程度の量は摂取できますが、充分に摂る為にはサプリメントが適していると言われています。 尚、含有している食材については、肝臓から生成される6種類であれば、ツバメの巣やキノコ類、カニやエビの甲殻類の外殻、ひじきやモズクといった藻類等が挙げられます。