細胞を知る

レモンを持つ笑顔の女性

糖鎖とは、細胞のひとつひとつからヒゲのように飛び出している、鎖状につながった糖質のことです。これは、建物の壁の内部にある電力ケーブルのようなものです。電力ケーブルが各部屋の照明器具や家電製品などに電力を供給するように、糖鎖は各細胞にエネルギーを供給しているのです。 したがってこれに異常が生じれば、細胞はエネルギーを供給してもらえなくなり、弱っていきます。体は細胞で構成されているので、その細胞が弱っていけば、当然体の調子も悪くなり、健康的な生活ができなくなります。そのため健康のためには、糖鎖の良い状態を保つような努力が必要になるのです。 糖鎖は、それを構成する糖質を摂取することで、良い状態を保ちやすくなります。糖質が三大栄養素のひとつとなっているのは、糖鎖のためには絶対に必要な栄養素だからなのです。

糖鎖を構成する糖質のうちグルコースは、ご飯やパンなど穀物で作られている食品を食べることで、摂取することができます。ガラクトースとマンノースとキシロースはキノコ類に、フコースは海藻類に、それぞれ多く含まれています。主食となる穀物はもちろん、キノコ類も海藻類も、健康的な食生活にしていくためには摂取が推奨されている食品です。特にキノコ類や海藻類は、食物繊維やミネラルも多く含まれているため、ダイエットや美肌のためにも有効とされています。 こういった食品を、毎日の食生活において積極的に摂取していくことで、糖鎖は良い状態を保ちやすくなっていきます。すると細胞は、十分にエネルギーを得て活発に動くようになりますし、それによって体の調子も良くなり、見た目も美しくなっていくのです。